読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自堕落に奈落で愛して

覚めない夢の備忘録

お願いします。少年たちを見に行ってください。

 

 

みなさんこんにちは。

9月ですね。9月といえば?そう!

 

少年たちですよね!!!(無理矢理)

 

みなさんもう観劇に行きましたか?

私は昨日、少年たち初日を迎えました\( ˆoˆ )/

観劇を終えた私が思ったのはただひとつ。

 

多くの人にこの舞台を見て欲しい。

 

みなさんジャニーズ同様に、夏もさぞ忙しかったでしょうが、秋だって、冬だって現場は続くのです。

休んでいる暇なんてありません。

え〜でも自担出てないし少年たちはいいかな〜冬に帝劇あるしぃ〜

って思ってるでしょう?

いや、マジで少年たちは見に行った方がいいぞ。

 

今まで少年たちに自担が出演したことがある方は、少年たちがどういうものか、ご存知だと思いますが、そもそも少年たちって何なの?という方。

 

ジャニーズ事務所の所属タレントが多数出演するミュージカル作品。様々な事情で刑務所に入った少年たちによる友情、平和、夢をテーマにしたエンターテインメントショー。1965年に初演されて以降、事務所に所属する若手メンバーの登竜門的な作品となっています。

 

1965年以降、51年間上演されている歴史のある舞台、少年たち。

これまでにもABC-ZやThey武道、TravisJapan、現在ではsnowman、SixTONES、HiHijet、マリウス葉くんが出演しています。

 

いや、こんなに歴史のある舞台。

見に行くしかなくない?

 

よりたくさんのジャニーズファンのみなさんに見に行って欲しい。

見に行きたいと思って欲しい。

そんな私の今回の感想備忘録です。

ネタバレを好まない方は見ないことをお勧めします。

 

 

舞台が始まる時のあの静けさがいい

これは全くもって私個人の好みなのですが、コンサートでは暗くなった瞬間、今から自担に会える!!!という喜びと興奮から叫ぶファンが多数。

同じファンのはずなのに、舞台は打って変わって、暗転と共に静まり返る会場。

この瞬間がとてつもなくゾクゾクして大好きなんですよね。

コンサートとはまた違うワクワク感がたまらんす。

 

 

今回の少年たちのストーリーテラー的役割を持つ京本大我くん。

 

はい。ご存知の通り我が自担、可愛い可愛いSixTONESのお姫様、京本大我くん。

今回大我くんは、ジェシーと岩本くんの仲を持ち、物語全体のストーリーテラー的役割を持っています。

劇中、大我くんは幾度となく登場しますが、当初、台本読みの時点ではもっと出番が少なかったようです。

台本を読んだ京本大我くんは、この役はもっとストーリーテラー的な役割をしたほうがいいのではないか?そう考えて、提案したとこのこと。そして採用されました。

大我くん曰く、この一年、いろいろな舞台に出演してきましたが、その度に自分の意見を多くいうことが出来ませんでした。

ですがこの一年で自信もつき、成長した彼は、

目立ちたいとかではなく、この役がもっと出れば舞台全体が良くなると思ったんです

 

と言いました。(ニュアンスですのであしからず)

ジャニーズJrの激戦時代、目立ちたいと思うのが当たり前ですよね。

そんな中、舞台全体のことを見通している京本大我くん。

マジ出来ジュじゃない???

(自担贔屓)

偉いよね、この一年外部の舞台に出まくって学んだことを活かそうとしてるの、偉いよね。

よく出来た子だよね、あれ、この子って私の自担じゃない?流石私の自担だよね(五月蝿い)。

 

 

松村北斗くんと岩本照くんの声が舞台映えしすぎてヤバイ

 

単純に、そう思いました。

たぶん去年も同じこと言ってた(?)

お腹の底から、男性特有の深くて低くて、なのになのにどこか透明感のある彼らの声、舞台をやる役者さんにピッタリな声だと思いました。

二人の声を録音して寝る前に聞きたい気分(気持ち悪い)

あとは慎ちゃんの声が個人的にすごく好みなんです。あんなにイシツブテ(褒めてる)なのにびっくりするほど透き通った少年のような声、耳にスーッと入ってくるとても綺麗な声なんですよ〜!

 

 

12人の裸体

 

........なんか文字だけみたら変態みたいじゃん....

だって12人が上半身裸で喧嘩して何故か突然仲良くなって桶ダンスするんだもん....

まぁまたみなさん見事に素敵なシックスパックでね。

個人的には高地優吾くんのシックスパックが一番好みでした。

めっちゃ程よい。触りたくなるやつ。

大我くんはね、まっちろでね、肩から腰にかけてキュッと締まっててね、双眼鏡で覗きながらニヤニヤしちゃったよね(気持ち悪い)。

あとは北斗くんの体がヤバイ

北斗くんってあの顔じゃん?(語彙力)

大学でのお友達も少なく、お昼ご飯は研究室で教授と2人で食べてるような子じゃん?

そんな子があんなに体バッキバキだなんて......破廉恥......(やめろ)

自担含め、ジャニーズの裸体をあんなに長く観劇することが出来るなんてさ、

見に行くしかなくない?(2回目)

 

 

作詞京本大我くん、作曲手越祐也くんの合作「茜空」

 

はい!!!!!!!来ました!!!!!これです!!!!!

我が自担、可愛い可愛いSixTONESのお姫様(2回目)!!!!!!

京本大我くんのソロ曲となっております。

こちらの曲は今回の少年たちで初披露です。

この曲について、大我くんはこう語っています。

実は手越くんがコーラスとして参加してくれていたりするので、これも見どころの一つとしてみなさんに聞いて頂きたいです。

 

ライブで披露しようと思って4ヵ月くらいかけて作っていたんですけど、ちょうど今回機会をいただいて、手越くんにも許可をいただいて、急遽劇中歌という形で披露させていただくことになりました。

 

手越くんにも、やっと披露できるということで、「初日頑張ってこい」とエールを頂きました。

 

と、嬉しそうに語っていたと....

あの、間違ってたからごめんなさいなんですけど、大好きな憧れの先輩との合作曲を劇中歌に選んでもらった大我くんって

マジ出来ジュじゃね?(これも2回目)

 

またさ、これがとてもいい曲なんですよ....

メロディーは、ああ、手越くんだなっていう感じのテゴメロ(手越くんの好きそうなメロディーの事。私が今勝手に作った。)です。

そして、歌詞がこちら。

 

果てしなく広がる海の向こうに
ふたりの未来を重ねたりして
静かに囁く波の声が
君は時に微笑みで変える

俯き始めた太陽 切なさにじむ横顔
君が思い出になる前に この胸に焼き付けて

茜色の空が今 僕らを包み込むように
どこまでもきらめきながら
ふたりの距離を縮めてくれる
君と選んだ道なら いつまでも手をつないで
海の先に映る未来 僕が守ってゆくから

 

私が観劇中に必死にメモしたものなので、間違いや抜けがあったらごめんなさい。

メロディーの美しさもさることながら、歌詞が綺麗すぎて無理......

大我くんが考えたこの世で一番美しいであろう歌詞と大我くんのこの世で一番透き通った麗しい歌声で歌うんですよ......素敵すぎやしませんか.......(またしても自担贔屓)

いつまでも聴いていられるよこの曲。

こんな素敵な曲をこの世に残さないのはもったいない。

ということでひたすら少クラにリクエストを送る日々です。

私はチケット代の99.9%をこの茜空にかけています(割と本当)。

 

みんなの演技に涙が止まらない。

 

少年たちは、涙なしでは見れません。観劇前に1リットルの水分補給を要します(大袈裟)。

出所後、深北兄弟は真面目に働きますが、店の金を盗んだと疑われ逃げ回り、不甲斐なさに怒りと悲しみがこみ上げるシーン。

北斗くんがナイフを出し、自分に向け、儚げに、泣きそうな顔で微笑みながら、深澤くんに「兄ちゃん......一緒に死のうか.....」というシーン。

 

マリウスくんとジェシーが、敵陣に偵察に行き、見つかってしまい、敵陣の自分よりも小さな子を打つマリウス、それをとめる、打つことの出来ないジェシー、そんなジェシーにマリウスくんは「殺らないと俺が殺られるんだ!!!」と訴えかけ、マリウスくんは打たれて死んでしまいました。マリウスくんが死んでしまったのは自分のせいだ、そう考えたジェシーは狂ったように銃を放ちます。

 

そしてクライマックスシーン、岩本くんとジェシーを仲直りさせるシーン。

仲直りさせるシーンといえばなんだか平和な感じしません?

全ッ然平和じゃないからね?

クライマックスはみなさんの目で確かめてください。

 

とりあえず、本当に涙なしでは見れない。

彼らの迫真の演技に心を打たれまくり。

なかなか少クラなどでは見れない彼らの迫真の演技が見れる、少年たち。

ほら、見に行くしかないでしょう?

 

最後のショータイムではsnowman、SixTONES共に新曲も披露しますし、マリウス葉くんもサマパラで披露した新ソロ曲を歌います。

 

なんだかほぼネタバレになってしまっていますが、本当に本当にたくさんの方に見に行って欲しいんです!!!!

面白くなかったら私が全額返金しますから!!!!!

ビークレ全力で踊るから!!!(私が)

 

ぜひみなさんが少年たちを見に行った感想を聞きたいです。

というかTwitterで勝手に聞いときますね☆

 

みなさん、冬には帝劇が控えていますが、秋といえば、少年たち。

日生劇場の秋にしましょう!

 

言葉は私のメモ、うろ覚えなのでほぼニュアンスです。ご理解ください。

 

 

 

 

ジュリエットよりシンデレラになりたい


ジャニーズのファンには必ずあるファンの名前。
KAT-TUNならhyphen、ジャニーズWESTならジャスミン
そんな中、我らがHey! Say! JUMPはファンの名前が曖昧では?といつも思う。
一時期はジュリエットというのが主流だったけれど、とある雑誌で八乙女光くんが「とびっこ」という言葉を発してからとびっこの方が主流になってしまった。私は心底落胆した。
なんで落胆したかって?だって........















正直、とびっこってダサくない?


ダサいと思っているのは私だけなのだろうか。
若いファンの間ではまだまだとびっこという言葉が行き交う中、私はどうしてもこの名前が使えずずっとファンといっている。
というかRomeo&julietteもあることだしジュリエットでよくない?
先日発売されたアルバム、DERA.のRUN de Boo!でも「juliette!」って言ってるしジュリエットでよくない?ってずっとひとりで心の中で訴えかけている(誰に)

でも私は思った。
たしかにジュリエットだととびっこよりもマシかもしれないけど、原作のロミオとジュリエットは悲しいお話ではないか?と。(突然原作のこと考えだした)
そもそもロミオとジュリエットは、シェイクスピアによる戯曲、悲劇です。

身分違いの恋、それでも2人は愛し合っていて、ジュリエットはロミオと逃亡する為に、自分が死んだと周りに思い込ませようとし、そこにロミオが現れ、ロミオは本当にジュリエットが死んだと勘違いしてしまい、毒を飲んで死亡。
それをみたジュリエットは絶望のあまりロミオの剣で胸を刺して死ぬ。

私達、Hey! Say! JUMPのファンがこのお話通りにいくとしたら.........



え?JUMPが毒飲んで死ぬの見ないといけないの?
ていうかその後に自殺しないといけない?いや、マジか。ちょっと待ってくれ。

僕達ロミオッ♪ &ジュリエットッ♪君に愛を伝えるよッ♪
なんて言ってる場合じゃないよ私達死ぬんだよ
Hey! Say! JUMPが死ぬところを見るなんて無理だしその後自分で胸刺して死ぬのも流石にキツい(考えすぎ)

そこで考えた。

ジュリエットじゃなくてシンデレラはどうですか?


継母や義理のお姉さん達にこき使われ、舞踏会にはもちろん連れていってもらえず落ち込んでいたシンデレラ。
そんなシンデレラの前にフェアリーゴットマザーが現れる。
フェアリーゴットマザーはシンデレラに素敵な馬車、ドレス、そしてガラスの靴を与えてくれ、シンデレラは舞踏会に行く事ができた。
そして舞踏会でチャーミング王子と恋に落ちる。
一時は離れ離れになるも、ガラスの靴に導かれ、2人ははれて夫婦となる。
辛い苦しい暮らしから幸せを見つけ出したシンデレラ。
これぞ
シンデレラストーリー。

私達のファンとHey! Say! JUMPの間にガラスの靴のような何か導いてくれるものはあるのだろうか?
年に数回発売されるCDやDVD、コンサートのチケット、JUMPeper。
導くわけではなくても、彼らと私たちを繋いでくれるものはたくさんある。

何より、あの綺麗なお顔で「迎えに来たよ、シンデレラ」って言われたくない?

いや普通に言われたいよね。言われたくない人って人類にいる?いないよね。
「迎えに来たよ、ジュリエット」って言われたらなんかもう私このまま死ぬの?ってなるけど(お前だけだよ)シンデレラならなんか華々しい未来(現場等)が待ってそうじゃない?


だからさぁ、Hey! Say! JUMPのファンの名前はシンデレラがいいと思うんだ。
シンデレラにしよう?ね?
そりゃ〜シンデレラさんより苦労はしてないかもしれないけど多少は毎日仕事頑張って上司のめんどくさい話だって嫌な顔せずニコニコして聞いてるしそもそも頑張って生きてるからそのくらい許してくれても良くない?(上から目線)
っていってももう曲中にもジュリエットというワードが入ってる以上、私たちはジュリエットでしかないので潔くJUMPの死を看取って死にますね(結局)


(私はとびっこよりジュリエット推しです。)


SixTONESに歌って欲しいK-POPを独断と偏見で選んでみた


最近、良く〇〇に歌って欲しい〇〇の曲、というのをTLで見かけるようになった。
皆さんチョイスが的確ですごい....と感心した。

私はジャニーズ以外の音楽業界は韓国が好きだ。
中学3年生の時に、東方神起から始まり、少女時代、その他のグループにハマっていった(あっちでもDD)
そこで私は考えた!
ジャニーズに歌って欲しいK-POPの歌だって沢山ある!
でも全然見かけない!なんで!誰かやれ!(他力本願)
でも誰もやらないので自分でやることにした。


SixTONESに歌って欲しいK-POP〜!

私が個人的にSixTONESに歌って欲しいK-POPを独断と偏見でご紹介します。
そして、私の守備範囲のみでご紹介するのでいやいやここのグループのこれもいいだろ!おい!と思っても心に秘めておいてください~!


それでは、SixTONESに歌って欲しいK-POP

SHINee(シャイニー)
2008年にコンテンポラリーバンドとしてデビュー。
グループ名には造語で「輝く光を浴びる人」という意味があります。
そんな彼らの曲から


 stranger(ストレンジャー)


2011年に発売された彼らの日本ファーストアルバム「THE FIRST 」の通常版にのみ収録されているこの曲。
翌年2012年に行われたアリーナツアーで披露されました。
動画を見ての通り、ファンの掛け声もバッチリですよね!
SHINeeの曲には勢いがあり、ラップも多く含まえれいます。
それでいてダンス曲もかなり多い。
特にこのstrangerは全体的にラップですし、先程も言ったように勢いのある感じがSixTONESにはピッタリかなと思いました(語彙力がなくてすみません.....)

Run With Me


冒頭のコーラスが特徴的なミディアムテンポの曲です。
SixTONESの持ち曲「この星のHIKARI」はファンにも人気で、本人達もお気に入りだそう。
大我くんが「ヤカラみたいな俺達が歌うからいいのかな?」と言っていましたが(大我くんはヤカラじゃなくてお姫様)
いつもアップテンポなダンスナンバーばかりなのでこういうの来るとホントやられる。

歌中に「僕が半分 背負ってあげるから頼りなよ」「空虚な世界もキミとなら愛せる気がして」という歌詞があるのですが、ただ単にそこを大我くんに歌って欲しいだけです(爆)



Replay~君は僕のeverything~


韓国、日本どちらの国でもデビュー作です。
年上の女性への憧れと恋心を描いた1曲目。
少女時代のユナが友情出演。
切なめな曲調ですがガッツリ踊っています。
SixTONESは歌声もそうですが、一番の魅力はダンスなのかな、と思うのでどうしてもダンス曲を選んでしまいます.....
mvの色合いとかもやわからくてすごくお気に入りなのでぜひSixTONESさんにパロしてほしい.....憧れられたい.....という無駄な願いが入っての1曲。

SHINeeの曲はどの曲をとっても名曲揃い。むしろ抜粋せずに全部SixTONESに歌って欲しいくらいです.....!
他にもTo your Heart やSeesaw 、JULIETTEもオススメなので気になる方はぜひ聴いてみてください!

次はこちらのグループ。


6人組のダンス・ヴォーカルグループ
日本で多く活動していて、メンバーのユナクは愛知大学卒。
6人とも日本語が堪能です。
そんな彼らのこちらの曲

愛言葉


すごく爽やかな曲!
MVでは6人がドライブしたりお料理したり遊んだり。
このMVのパロをすとちゃんたちにやらせたら天下一品だと思うんです......!


次はこちらのグループ。

大国男児(だいこくだんじ)

こちらも日本で多く活動をしている5人組。
「クリーミィ系弟アイドル」として日本デビュー。
最近はぜんぜんクリーミィじゃないです( 笑 )
日本ではサイン会、握手会、ハイタッチ会、チェキ会などをたくさん開催しており、私自身も何度か足を運んだことがあります。
日本で5人で共同生活もしていたこともあり、とても仲のいい5人組。
そんな彼らのこちらの1曲。


Jumping


5人が東京の街をひたすら走ってます( 笑 )
もちろんダンスシーンも!
いろんなスポーツブランドのウェアを着ていてとてもカラフルで可愛い。
SixTONESにも是非着て欲しい。

こちらもまた私の希望を詰め込んだだけの曲( 笑 )

Super Junior(スーパージュニア)

歌手、俳優、MC、作曲家、お笑い、タレント、各方面で活躍するエンターテインメントグループ。

いつもバカなことばっかやっていてファンの間では「中学生の修学旅行」と言われる程( 笑 )

そんな彼らのこちらの曲。


Wonder Boy

Wonder Boy Japanese ver.

Wonder Boy Japanese ver.

  • SUPER JUNIOR
  • ポップ
  • ¥250


韓国で出された曲の日本語バージョン。

音源しかないので映像はありません。

これはSixTONESのファンサ曲に推奨します。

トロッコに乗ってファンサしまくってほしい.....!

スーパージュニアには多くの派生ユニットがあります。

superjunior-KRY、superjunior-happyなど、たくさんあるのですが、そんな派生ユニットからこちら

superjunior-M(スーパージュニアエム)

スーパージュニアの既存メンバー5人に中国出身のメンバー2人を加えたグループ。

Mには中国標準語を意味する「マンダリン」からとっています。

CDを出す時には韓国語版と中国語版が発売され、日本でも何曲か日本語版として出されています。

そんな彼らのこちらの1曲。


Super Girl

Super Junior-M 슈퍼주니어-M_Super Girl(슈퍼걸)_MUSIC VIDEO KOREAN Ver. - YouTube

ただただ好みの歌です。(独断と偏見なので許して)

こちらには元少女時代のジェシカが友情出演。

かっこいいダンスナンバーなのでこれをバリバリ踊ってるSixTONESが見てみたい!


次はこちらのグループ!


東方神起(とうほうしんき)


はい来ました私の大大大好きなグループ!

日本でもたくさん活動しているのでみなさん名前くらいは聞いたことがあると思います!

今は二人とも兵役に行っていて活動していません。

彼らの曲は素敵な曲ばかりでとても悩みました......

そんな彼らのこちらの曲

NobodyKnows

東方神起-Nobody Knows - YouTube


一言で言うと、「不倫の歌」です( 笑 )

この歌、歌って踊ってる北斗くん想像したらヤバかったので歌って欲しい(願望)

こういう感じの歌、SixTONESではあまり聴かないかな?と思ったので是非とも!


みなさんそろそろ読むのに疲れてきたのでは......?

あと2グループ控えてるので頑張ったください(終われよ)


はい次はこちらのグループ!


CNBULE

4人組のバンドグループ。

こちらも日本デビューしてから結構日本でも活動しています。

SixTONESはバンドもできるので、是非バンド曲もやって欲しい!

なのでこちらの曲を選びました。


직감 (直感)

CNBLUE 直感 MV@日本語字幕 - YouTube

韓国でのみ発売され曲。

私の見解なんですが、韓国の歌って、大体女の人に振られた歌が多い( 笑 )

こちらの曲もそうです。

でも曲調はかっこいいので安心してください!( 笑 )

韓国でもたくさん活動しているCNBLUEですが、日本でも多くの曲を出しています。


In My Head

CNBLUE - In My Head - YouTube


こちらの曲は日本語も韓国語もあります。

こちらも勢いのあるかっこいい1曲!

日本にもたくさんの優れたバンドさんたちがいらっしゃいますが、彼らも負けず劣らず素晴らしいので、是非聴いてみてください!

SixTONESダンス!というイメージが強いですが、バンドも最高なのでもっともっとバンド曲やって欲しいです!


最後にご紹介したいのはこちらのグループ。


BEAST(ビースト)

こちらも日本でもたくさん活動をしてくれている6人組グループ。

デビュー前は"B2ST”(ビースト)という‘Boys To Search for Top'の略で、「頂点を目指す少年たち」という意味のグループ名でしたが、デビュー数日前にBEASTに変わりました。

最近、メンバーのひとりが脱退しソロで活動をすることが決まりました。

韓国で脱退などは珍しいことではないのですが(むしろ日常茶飯事)、まさかBEASTも脱退するメンバーが出るなんて思ってもいなかったのですごく悲しいです.....


そんな彼らのこちらの曲。

아름다운 밤이야 (美しい夜だ)

BEAST 【아름다운 밤이야 / Beautiful Night】 日本語歌詞 るび - YouTube


日本では発売されていない曲。

クラブミュージック感が強いです!

ダンス曲っていうよりはこちらもファンサ曲ですね。

ファンサ曲二曲目が見つかって良かった。はやく単独して欲しい(気が早い)



はい!今回はこちらで終了です。

いかがでしたでしょうか?

気になる曲はありましたでしょうか?

是非聴いてみてください!

本当に私の独断と偏見、これ好き!歌って欲しい!という気持ちだけで選んだ曲です( 笑 )

もっともっとたくさんあるのですが、もっと長くなってしまうのでやめます( 笑 )

ほかのグループの曲を聴いて、これ歌って欲しい!とか歌ってるところが目に浮かぶ!という曲、みなさんあるのではないでしょうか??

そういうの想像するのってすごい楽しいですよね!

オタクって楽しい!(結論ココ)

SixTONESに限らず、いろんなグループに歌って欲しい色んな歌、これからも紹介させていただきます!


本日は最後まで読んでいただきありがとうございました!


誤字脱字が特技なので読みにくいところなどあったらごめんなさい!





クリエの当日券が当たった話。

 

 

f:id:ran94116:20160531151605j:plain

 

タイトル通り、クリエの当日券が当たった。

 

「当日券」というものはあるようで実際は無いものだと考えていたのでとてもビックリした。

忘れないうちにあった事を書きます。

 

クリエの当落発表当日。

フォロワーさんや身内がたくさんの名義を貸してくれ、SixTONESのクリエを応募した。

結果は全滅。

600人という箱の当選なんて難しすぎるし、当たらないだろうと思ってはいても、少しの期待はあったので、すごくテンションが下がった。

当落の日、既にチケキャンには〇万円という高額でチケットが売り出されていて、どうしても行きたいと思った私は手を出しそうになった。

そこで隣国を追って積んでる友人に相談をした。

友人は言った「席もわからないまま高額で買ってもあとから後悔するだろうから、席がわかってから吟味した方がいい。席にこだわらないなら尚更。もう少し待つべきだよ!」と。

確かにそうだなと思った私は1度冷静になって、座席がわかってからまたチケットを探そうと決めた。(こういう時にこういう友人がいて良かったと心底思った。)

 

クリエが近づいてくる頃、またチケキャンをチェックし始めると、当落当初よりは若干値が下がっていた。

それでもびっくりするほどの値段。

私は去年まで実家暮らしだったので、今年のクリエが始めてで、クリエってこんな値段がするのか.....とビビった。

下がるのを待って買う。

そう考えていてもやっぱり思い切って踏み出すことはできなくて、もう無理かな~って考えてた。

 

当日券も考えた。

でもこれまでどのアーティストの当日券に並んでも当たったことなんて1度もなかったし、当日券なんてあるようて無いものに決まってる。そう考えてた。

だから、とりあえず並びに行くけど、ちょっとした暇つぶし程度にしか考えていなかった。

 

行けないと思っていたから希望休も出さなかった。

けどシフトの関係でSixTONESのクリエ最終日がオフになっていた。

行けないのに休みにされても辛いだけなんだけど.....ずっとそう考えていて、とりあえずクリアファイルだけでも買いに行くか。と決めてた。

どうせ暇だし暇つぶしに当日券も並んでみようかなってそう考えてた。

 

 

そしてクリエ当日、起きようと思っていた時間の30分後に起きたので朝ごはんも食べずに、どうせSixTONESには会えないし、と思ってすごい手を抜いて化粧をして、自担カラーをまったく意識してない色の服を着て(笑)

 

有楽町あたりに行くのはすごく久しぶりだったので、道に迷った時のために配布時間の5分くらい前につくようにしようと思って行き、案の定道に迷った(田舎者)

 

やっとついたシアタークリエにはもう数名のファンがいて、まだ当日券の列は作られていなかった。

 

時間になり、係員の方が線を貼り、ここから並んでくださいと呼びかけはじめて、わたしも並んで、当日券の抽選用の整理券を受け取った。

当日はあいにくの天気で、雨がパラパラと降ってきたので、折りたたみ傘をさした。

服装はまったく自担カラーを意識していないのに、傘はしっかりとピンクだったので自担カラーじゃん~とか思いながら当選発表がされるのを待っていた。

 

そして、時間が来て当選発表。

30日のお昼は441枚の整理券が配られ、当選は14名だった。

平日のお昼だから配布枚数はいつもより少なかったものの、441人のなかから14人に選ばれるなんてどんな強運だよすごいな~って軽く考えてた。

そしてどんどん名前が呼ばれていく。

1人、2人、どんどん呼ばれていき当選した方がエントランスに入っていく。

それをボーッと見ていたら、なんだか知っている番号が呼ばれた気がした。

周りの人から突然視線を感じた。(少し怖かった)

なんと私の整理券の番号が呼ばれてしまったんです。

びっくりしてとりあえず係員さんに言われるままエントランスの中に入り、なべしょくんの弟みたいな顔した係員さんから当日券のことについて色々説明を聞き、身分証明書を見せて、開演20分前にクリエのポスター前に集まってくださいと言われ解散

 

ここで我に返った。

 

f:id:ran94116:20160531210032j:image

 

マジか、え、私当日券当たったの???って何回も確かめたけど当たってた。

とりあえず入るつもりなんてなかったからメモも持ってきてなかったし所持金も1000円しかなかったので(やる気の無さ)とりあえずセブンイレブンに駆け込んでお金を下ろし、メモとウィダーインゼリーを買って10秒チャージした。

この時点では、ただ当選したってだけだったし余分に当選させてあるから入れるかはまだ確定ではなくて、逆にこれで入れなかったら自殺したくなるなと思いながら集合時間が来るのを待った。

 

そして集合時間がきて、係員のお姉さんが当選した後の人からどんどん点呼をしていき、私も呼ばれて並び、当日券の席がどんな席なのかという説明を受けて、いざ座席を選んで購入。

当日券の席は以下の通り。

f:id:ran94116:20160531210618j:image

 

まぁどう考えても8列目がいい。

だけど私の前にも数人いたのでもうそこの席は無理だな、どこにしようかな~と考えていた。

左の2席は車椅子席でスタンディングが禁止。

補助席は最後列と同じなので見えないときがある。

0.5秒悩んで(速い)車椅子席を選びました。

見えないときがあるならスタンディングできない方がマシ....

どうせ1人だから立っても立たなくても一緒なので.....

 

車椅子席を選んで紙を渡され当日券売り場にいき、お金を払い、とうとう当日券を手に入れてしまった。

手がずっと震えてた......

まさか入れるなんて思ってもいなかったから。

とりあえずノリでペンラとファイルを購入。

ファイルはノリで3枚買った。(ノリで生きてる)

 

そして選んだ席についた。

車椅子席だからほかの席より目線が高くて別で椅子が置いてあったんだけど、簡単に言えばなんか女王様席みたいな感じだった。

座ったら周りの席の人からの視線がまた痛かった......

 

ステージにはジャニーズ銀座の文字。

嗚呼、私本当に当日券当たったんだってここでやっと確信がもてた。

席についた時間がギリギリだったので、公演はすぐ始まった。

  

最初に思ったのは、嗚呼、本当にSixTONESっていたんだ....でした(笑)

 

 

サマステまでは会えないんだなって思っていたし、聴けないと思ってたオリジナル曲も、ソロ曲も、先輩の曲も、まだタイトルもついていない6人で作った曲も聴けて。

MCもそれぞれが面白すぎてメモする手が追いつかないし、ポケモンごっこなんて同世代すぎる内容でお腹抱えて笑った(笑)

こんなに幸せな空間があっていいのかって思った。

私今年中に死ぬんだなって思った(大袈裟)

 

ジェシーが、

「俺達のライブってこんな感じでいいの?ほら、俺達ってまだ俺達の色がないから。」

(ニュアンス)

って言った。

 

でも、もうSixTONESにはSixTONESの色があって、SixTONESにしか出せない音色があった。

 

...........なんでまだデビューしてないの??(すっとぼけ)

 

デビュー何年目?と聞きたくなるほどの完成度だったし6人もファンもみんなが幸せそうですごくいい公演でした。

 

「6人でスク革にでたい」とか「単独やりたい」とか「土地持ってる人ー?」とか(爆)

 

「俺達これからビックになります!そのためにはみなさんの力が必要です!」って優吾くんが言った時には涙が出た。

 

歓迎魂代々木に行った時。

勝利くんがJrの名前を呼んでJrがはけていくとき、明らかにSixTONESよりPrinceのほうが歓声が大きかった。

 

当たり前。そう言われてしまえばそこまでだけれど。

これを当たり前にしたくなかった。

すごく悔しかった。

 

私達ファン、特にJr担はファンレターをかいたり、会える場所で声を届けることでしか思いを伝えることができないし、自分は伝えたつもりでも、それが本人にまで届いているかなんてわからない。

届かなかった結果、辞めるという方向に進んでしまったJrもいるかもしれない。

 

私はもっとSixTONESにスト担の声を聞いて欲しいし、思いを届けたいと思った。

大阪公演で、風磨が「誰のファンとかじゃなくて、もうみんな応援して」みたいなことを言ったっていうレポも見て、嬉しかった。

 

やっぱり私達が声を出して彼らを応援しなきゃって思った。

 

彼らは絶対ビックになる。

6人でデビューしてほしい。

私達がビックにする。

 

これからどうなるかなんて誰にもわからないけれど、6人がSixTONESでいる限り、私は応援していきたいと思っています。

 

重いな、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これが私の思ったことです。

 

無駄に長い、語彙力も文章力もまったくないのにここまで読んでくださってありがとうございました。

 

SixTONES最高!スト担最高!

 

(誤字脱字があったらごめんなさい......)