自堕落に奈落で愛して

覚めない夢の備忘録

クリエの当日券が当たった話。

 

 

f:id:ran94116:20160531151605j:plain

 

タイトル通り、クリエの当日券が当たった。

 

「当日券」というものはあるようで実際は無いものだと考えていたのでとてもビックリした。

忘れないうちにあった事を書きます。

 

クリエの当落発表当日。

フォロワーさんや身内がたくさんの名義を貸してくれ、SixTONESのクリエを応募した。

結果は全滅。

600人という箱の当選なんて難しすぎるし、当たらないだろうと思ってはいても、少しの期待はあったので、すごくテンションが下がった。

当落の日、既にチケキャンには〇万円という高額でチケットが売り出されていて、どうしても行きたいと思った私は手を出しそうになった。

そこで隣国を追って積んでる友人に相談をした。

友人は言った「席もわからないまま高額で買ってもあとから後悔するだろうから、席がわかってから吟味した方がいい。席にこだわらないなら尚更。もう少し待つべきだよ!」と。

確かにそうだなと思った私は1度冷静になって、座席がわかってからまたチケットを探そうと決めた。(こういう時にこういう友人がいて良かったと心底思った。)

 

クリエが近づいてくる頃、またチケキャンをチェックし始めると、当落当初よりは若干値が下がっていた。

それでもびっくりするほどの値段。

私は去年まで実家暮らしだったので、今年のクリエが始めてで、クリエってこんな値段がするのか.....とビビった。

下がるのを待って買う。

そう考えていてもやっぱり思い切って踏み出すことはできなくて、もう無理かな~って考えてた。

 

当日券も考えた。

でもこれまでどのアーティストの当日券に並んでも当たったことなんて1度もなかったし、当日券なんてあるようて無いものに決まってる。そう考えてた。

だから、とりあえず並びに行くけど、ちょっとした暇つぶし程度にしか考えていなかった。

 

行けないと思っていたから希望休も出さなかった。

けどシフトの関係でSixTONESのクリエ最終日がオフになっていた。

行けないのに休みにされても辛いだけなんだけど.....ずっとそう考えていて、とりあえずクリアファイルだけでも買いに行くか。と決めてた。

どうせ暇だし暇つぶしに当日券も並んでみようかなってそう考えてた。

 

 

そしてクリエ当日、起きようと思っていた時間の30分後に起きたので朝ごはんも食べずに、どうせSixTONESには会えないし、と思ってすごい手を抜いて化粧をして、自担カラーをまったく意識してない色の服を着て(笑)

 

有楽町あたりに行くのはすごく久しぶりだったので、道に迷った時のために配布時間の5分くらい前につくようにしようと思って行き、案の定道に迷った(田舎者)

 

やっとついたシアタークリエにはもう数名のファンがいて、まだ当日券の列は作られていなかった。

 

時間になり、係員の方が線を貼り、ここから並んでくださいと呼びかけはじめて、わたしも並んで、当日券の抽選用の整理券を受け取った。

当日はあいにくの天気で、雨がパラパラと降ってきたので、折りたたみ傘をさした。

服装はまったく自担カラーを意識していないのに、傘はしっかりとピンクだったので自担カラーじゃん~とか思いながら当選発表がされるのを待っていた。

 

そして、時間が来て当選発表。

30日のお昼は441枚の整理券が配られ、当選は14名だった。

平日のお昼だから配布枚数はいつもより少なかったものの、441人のなかから14人に選ばれるなんてどんな強運だよすごいな~って軽く考えてた。

そしてどんどん名前が呼ばれていく。

1人、2人、どんどん呼ばれていき当選した方がエントランスに入っていく。

それをボーッと見ていたら、なんだか知っている番号が呼ばれた気がした。

周りの人から突然視線を感じた。(少し怖かった)

なんと私の整理券の番号が呼ばれてしまったんです。

びっくりしてとりあえず係員さんに言われるままエントランスの中に入り、なべしょくんの弟みたいな顔した係員さんから当日券のことについて色々説明を聞き、身分証明書を見せて、開演20分前にクリエのポスター前に集まってくださいと言われ解散

 

ここで我に返った。

 

f:id:ran94116:20160531210032j:image

 

マジか、え、私当日券当たったの???って何回も確かめたけど当たってた。

とりあえず入るつもりなんてなかったからメモも持ってきてなかったし所持金も1000円しかなかったので(やる気の無さ)とりあえずセブンイレブンに駆け込んでお金を下ろし、メモとウィダーインゼリーを買って10秒チャージした。

この時点では、ただ当選したってだけだったし余分に当選させてあるから入れるかはまだ確定ではなくて、逆にこれで入れなかったら自殺したくなるなと思いながら集合時間が来るのを待った。

 

そして集合時間がきて、係員のお姉さんが当選した後の人からどんどん点呼をしていき、私も呼ばれて並び、当日券の席がどんな席なのかという説明を受けて、いざ座席を選んで購入。

当日券の席は以下の通り。

f:id:ran94116:20160531210618j:image

 

まぁどう考えても8列目がいい。

だけど私の前にも数人いたのでもうそこの席は無理だな、どこにしようかな~と考えていた。

左の2席は車椅子席でスタンディングが禁止。

補助席は最後列と同じなので見えないときがある。

0.5秒悩んで(速い)車椅子席を選びました。

見えないときがあるならスタンディングできない方がマシ....

どうせ1人だから立っても立たなくても一緒なので.....

 

車椅子席を選んで紙を渡され当日券売り場にいき、お金を払い、とうとう当日券を手に入れてしまった。

手がずっと震えてた......

まさか入れるなんて思ってもいなかったから。

とりあえずノリでペンラとファイルを購入。

ファイルはノリで3枚買った。(ノリで生きてる)

 

そして選んだ席についた。

車椅子席だからほかの席より目線が高くて別で椅子が置いてあったんだけど、簡単に言えばなんか女王様席みたいな感じだった。

座ったら周りの席の人からの視線がまた痛かった......

 

ステージにはジャニーズ銀座の文字。

嗚呼、私本当に当日券当たったんだってここでやっと確信がもてた。

席についた時間がギリギリだったので、公演はすぐ始まった。

  

最初に思ったのは、嗚呼、本当にSixTONESっていたんだ....でした(笑)

 

 

サマステまでは会えないんだなって思っていたし、聴けないと思ってたオリジナル曲も、ソロ曲も、先輩の曲も、まだタイトルもついていない6人で作った曲も聴けて。

MCもそれぞれが面白すぎてメモする手が追いつかないし、ポケモンごっこなんて同世代すぎる内容でお腹抱えて笑った(笑)

こんなに幸せな空間があっていいのかって思った。

私今年中に死ぬんだなって思った(大袈裟)

 

ジェシーが、

「俺達のライブってこんな感じでいいの?ほら、俺達ってまだ俺達の色がないから。」

(ニュアンス)

って言った。

 

でも、もうSixTONESにはSixTONESの色があって、SixTONESにしか出せない音色があった。

 

...........なんでまだデビューしてないの??(すっとぼけ)

 

デビュー何年目?と聞きたくなるほどの完成度だったし6人もファンもみんなが幸せそうですごくいい公演でした。

 

「6人でスク革にでたい」とか「単独やりたい」とか「土地持ってる人ー?」とか(爆)

 

「俺達これからビックになります!そのためにはみなさんの力が必要です!」って優吾くんが言った時には涙が出た。

 

歓迎魂代々木に行った時。

勝利くんがJrの名前を呼んでJrがはけていくとき、明らかにSixTONESよりPrinceのほうが歓声が大きかった。

 

当たり前。そう言われてしまえばそこまでだけれど。

これを当たり前にしたくなかった。

すごく悔しかった。

 

私達ファン、特にJr担はファンレターをかいたり、会える場所で声を届けることでしか思いを伝えることができないし、自分は伝えたつもりでも、それが本人にまで届いているかなんてわからない。

届かなかった結果、辞めるという方向に進んでしまったJrもいるかもしれない。

 

私はもっとSixTONESにスト担の声を聞いて欲しいし、思いを届けたいと思った。

大阪公演で、風磨が「誰のファンとかじゃなくて、もうみんな応援して」みたいなことを言ったっていうレポも見て、嬉しかった。

 

やっぱり私達が声を出して彼らを応援しなきゃって思った。

 

彼らは絶対ビックになる。

6人でデビューしてほしい。

私達がビックにする。

 

これからどうなるかなんて誰にもわからないけれど、6人がSixTONESでいる限り、私は応援していきたいと思っています。

 

重いな、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これが私の思ったことです。

 

無駄に長い、語彙力も文章力もまったくないのにここまで読んでくださってありがとうございました。

 

SixTONES最高!スト担最高!

 

(誤字脱字があったらごめんなさい......)