自堕落に奈落で愛して

覚めない夢の備忘録

私の彼氏は、松村北斗くんです。

 

皆さん、こんばんは(現在深夜2時)

今日はこれを読んでいる皆さんに問いかけたいことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松村北斗くんと付き合いたくないですか?

 

 

 

 

いや、付き合いたいですよね、わかります。

私もそうです。

だけど彼はアイドル、私はオタク。

到底付き合えるわけがないのです。

なので、妄想だけはさせてください。

 

 

私の彼氏が松村北斗くんだったら。

 

 

 

①北斗くん→→→→←←彼女な気持ち

簡単に言うと、北斗くんは割と彼女のこと大大大大大好きだと思う。告白だって北斗くんから。

別に彼女はあまり北斗くんが好きではないという訳ではなくて、単に北斗くんが彼女を好きすぎる。

それ故、北斗くんだってたまーに悩みます。

自分はジャニーズJrという特殊な仕事、一方彼女は普通の社会人(という設定です)。

見てる世界だって違う、でも彼女と同じ世界を見ている男の人だっていて、自分はそこにいけなくて、すごく歯がゆい。

だからたまに北斗くんは弱音を吐きます。

 

北斗「俺はジャニーズJrで、〇〇は普通の社会人で、でも俺よりも色んなことを知ってるし、大人だし、たまに遠く感じちゃうんだよ。俺なんかより〇〇の側にいる男だっているし、そんなの、俺やだ」

 

 

はい、可愛いですね。

 

そんな悩むことないんだよ、北斗くん。

そこらへんにいる周りの男なんてみーんなじゃがいもに見えてるから大丈夫だよ。

じゃがいもでも足りないなら、う〇こでもいいよ(そういう問題じゃない)。

 

そんなことを突然ぐちぐち言い出す北斗くん。

でも途中で恥ずかしくなってしまって、ソファの上に体育座りして、自分の腕に顔を埋めてため息をつく。

 

北斗「........なんか、俺ばっか好きみたいじゃん。」

 

 

はい、可愛いですね。(2回目)

 

じゃんってなに?かわいいから。言い忘れたけど前のセリフのやだもかわいいよ?なに?怒るよ?

北斗くんじゃなくても、みんな自担が自分に対して「俺ばっか好きみたいじゃん」って言ってるの想像してみな?

どうだ可愛いだろ?抱きしめたくなるだろ?

まず嫉妬してる時点で可愛いのにこんなことされたらもうどうすればいい?

とりあえず赤飯でも炊いとく?

 

 

②彼女の好きそうなものをリサーチしている。

北斗くんは割とまめな人だと思う。

街とかをひとりで、もしくはJrの誰かと歩いてたり、雑誌を読んでたりしても、彼女が好きそうなお店があったらスマホのメモ機能にメモしておく。

でも事前にそういうことしてるのバレるのは恥ずかしいから、偶然を装ってそのお店に行くんだけど、まぁ案の定彼女が好きなお店で、「ここ入ってよかったね!私ここ好き!」って言ったら「へ〜こういう感じ好きなんだ」とか平然としてるフリをする。

その後も彼女が好きそうなお店にいくつか行ったりするんだけど、帰り道に彼女が「今日行ったとこ全部好きだったな〜、楽しかった!また行こうね!」って言ったら

 

北斗「良かった〜。楽しかったね、〇〇絶対好きそうだなぁって思った。」

 

はい、ボロでてる。北斗くん、お口からボロでてるよ。

彼女が喜んでくれて嬉しくて気づかぬまにボロでちゃう北斗くんいいですよね、グッときますよね。

でもここをからかうとぷんすか怒って大変なので(それはそれで可愛いけど)心に秘めておきましょう。

 

 

 

③北斗くんと付き合うと、オプションでお説教がついてきます。

これはTwitterでも前からいろいろ呟いていた事なんですが、北斗くんに説教させたら天下一品だと思うんですよ(私調べ)。

今までツイートしてきたお説教北斗くんがまとまりないのでここでまとめます(強引)。

 

 

今日は100日記念日です。

でも、北斗くんはそういうの気にするタイプじゃないだろうし、言ったらめんどくさい女だと思われそうで嫌だから、言わなくていいかって思ってて、そしたらお昼休憩の時に突然学生の時の友達から連絡が。

「今こっちに遊びに来てるから、もし暇だったら今夜ご飯いかない?」と。

う〜ん。どうせ帰ってもひとりで寂しいし、もうずっと会ってないから話したいことも沢山あるし、行こう!と思い、その夜は久しぶりに友人とご飯に。

久しぶりに会った友人との話はそれはそれは盛り上がって、気づけば終電の時間に。

いつも北斗くんに言われてる。

「帰りが遅くなる時は、駅からタクシーとかのりなよ」って。

駅からうちまでは歩いて15分ほどだし、割とコンビニとかも道沿いにあるし酔い覚ましに歩くかぁと思い歩いて帰宅。

鍵穴に鍵を入れると、あれ?開いてる!

あ〜私今日閉め忘れちゃったのか〜時間やばかったもんな〜......気をつけないとな〜なんて考えながらドアを開けると部屋に明かりが。

あれ、誰か来てる?

玄関には、見覚えのある靴が一つ。

それは北斗くんの靴でした。

びっくりして、急いで部屋に入るとソファで腕と脚を組んで座っている北斗くん。

 

北斗「おかえり。酔っ払い。」

 

嫌味たっぷりに言われたすぎるよな、わかる。

ここから北斗くんのお説教タイムが始まります。

相槌を打つことも許されないロングお説教です。

 

北斗「なに突っ立ってんの?ちょっとそこ座って。で、今何時?そう、2時だね。どこほっつき歩いてたのか教えて。(理由を言う)...........はぁ.........いや、確かに、確かに久しぶりに会った友達と話が盛り上がるのはわかるよ。お酒飲みすぎちゃったりするのもわかる。問題はその後にあるんだよ。なんで歩いて帰ってきてんの?俺いつも言ってるよね?遅くなる時はタクシー乗れって。酔い覚ましに歩くか?いくら周りに街灯やコンビニがあるとしてもこの時間だと危なすぎるでしょ?バカなの?てか酔いなんて帰ってきて風呂入って覚ませばいいんだからなに生き急いでんの?そんなにはやく死にたいわけ?俺今日何時に来たと思う?20時だよ?もう6時間もいんの、ここに。しかも、鍵開いてたからね?あんっっだけ気をつけろって言ってんのになんで忘れるの?バカ?ここにいたのが俺だから良かったけどもし不審者だったらどうするの?この6時間の間にこの部屋ぐっちゃぐちゃにされていいわけ?良くないよね?ほんっと救いようのないバカだよね、学習しないとダメじゃん。大体さ〜危機感がないの、〇〇には。男って何するかわかんないんだよ?割と可愛いんだから(突然褒める)気をつけないとほんとに危ないんだよ?わかる?ちょっと考えれば夜道が危ないことくらい誰にだってわかるよ?」

 

もう長くて最初何言ってたか分かんなくなるよね。

しかもバカって3回も言われた。

流石に自分がいけないからといっても、彼女だってどんどん落ちていくし、しゅんとしちゃうよね。

でも彼女バカだから、とりあえず言いたいこといった北斗くんに「........あの、なんで、今日きたの?連絡もなかったし......」と恐る恐る聞きます。

 

北斗「は?............ほんっとどこまでもバカだよね........」

ってすごい大きなため息をつかれて、ごめんなさいってまたしゅんと小さくなってしまう彼女。

 

北斗「.......はぁ.......今日、何の日かわかる?........100日なんだよ、俺達、付き合って。だから、驚かせようと思って内緒できたのに、この態だよ、まったく。」

 

びっくりした。

この態は置いといてびっくりした。

だって北斗くんってそういうの気にするタイプじゃないと思ってたのに覚えてくれててしかも驚かせようとしてくれて黙ってうちに来るなんてどこで覚えたの?

そんなことを考えて北斗くんをボーッと見てたら、北斗くん恥ずかしくなってきちゃって

 

北斗「.......あぁもう!何見てんの!もう遅いからはやく風呂入る!寝るよ!」

 

っていって照れ隠ししてテレビを見始める。

いやぁ、全体的に可愛いですよね。

なんかもう最初の方でめちゃくちゃ説教されたのとか全部覚えてないから、そりゃ鍵かけるの忘れるわ(おい)

北斗くんほどお説教されたいジャニーズいないもんね。

 

 

今回は3つ書かせていただきました。

付き合いたいですよね。

書いておいて何ですが、北斗くん超可愛いですよね。

ツンデレにも程がありますよね。

書き出したら限りがないんだけど、北斗くんって本当彼女のこと好きだよね(憶測)

家に帰って冷蔵庫を開けたらケーキがあって、あれ!ケーキある!買ってきたの?って言ったら「んー、なんか食べたくなったから」とか言うんだけど、結局は彼女に食べさせてあげたくて買ってきたんだよね、可愛いね。

これは全て私の想像ですので、相違点がなかったりする方もいるかもしれませんが、これが松村北斗くんです(語弊)

 

 

突然思い立って書いたので、内容ぐちゃぐちゃですが、読んでいただきありがとうございました。